その地の食材を食べること

旅をする時の醍醐味と言えばやはり食べることではないでしょうか。さまざまな土地に直接足を運んで食べる名物は絶品であること間違いなしです。まずは、ガイド本などに載っているようなメジャーなものを味わいましょう。それがその地に赴いたという実感に変わるからです。その次は、現地の人たちに聞いて口コミで評判の良い店に行ってみると良いでしょう。これは、現地に行ったからこそ、味わうことのできる特別な食事になること間違いなしです。また、これらの名物はお土産として持って帰って、家族や友人に思い出話とともに食べてもらえば喜ばれるでしょう。このように旅と食事はセットのようなものです。せっかくなので、その地でしか食べることのできないものを堪能しましょう。

非日常感を味わうこと

旅に行く目的は温泉やテーマパークなど、さまざまだと思います。けれど、何が目的であったとしてもその地で見る景色は日常生活とは全くの別物です。その景色を楽しんで、是非心に焼き付けてください。温泉が目的の場合、自然風景や旅館の雰囲気など、癒されることでしょう。テーマパークが目的の場合は、別世界にいるような素敵な光景が目に飛び込んでくることでしょう。このような非日常感が旅の醍醐味とも言えます。このような景色を写真に撮って残すも良し、心の中にしまっておいてお土産話として話すも良しです。するとまた日常に戻った時に、素敵な旅ができたなと改めて実感することができます。旅は日常があるからこそ成り立つものなのです。